"20代のときに比べて肌の乾燥が目立ち始めました

30代になり目立ってきた乾燥肌の対策について

 

20代のときに比べて肌の乾燥が目立ち始めました。

 

今まであまり気にしたことはなかったのですが、朝起きるとカサカサになっている、保湿してもファンデーションが粉をふいている、かゆみを感じる、赤くなっているところがあるなど、乾燥肌、敏感肌の症状が出てきました。

 

 

 

特に冬場は乾燥が激しく、髪の毛が肌に触れるだけでかゆかったり、ピリピリしたりとストレスを感じます。

 

化粧水、乳液、クリームで保湿をするも、数時間経つとまた乾燥が進んでしまう状態で、乾燥肌がどんどん重症化している感覚でした。

 

 

 

それからは今までのスキンケア用品ではだめだと思い、成分を変えることにしました。敏感肌によく効く成分を調べたところ、セラミドが効くと分かりました。

 

 

 

セラミドは元々私たちの肌にある成分ですが、年齢とともに減少していくものだと知りました。その分敏感になってしまい、乾燥が進むようです。

 

セラミドが肌の水分を保持してくれ、外部の刺激からも守ってくれます。

 

 

 

セラミド配合の化粧水、乳液、クリームを揃えスキンケアを始めました。

 

私の場合はキュレルという製品を使いました。

 

使い心地はべたつかず、軽い使い心地でした。

 

乳液はスーッと伸び、肌にすぐ馴染みます。

 

化粧水だけでも保湿力があり、しっとりとして肌に蓋がされているようでした。

 

保湿力も1日持つため、その分肌が外部からの刺激からも強くなったような気がします。

 

敏感肌という自覚もなくなりました。

 

 

 

 

 

少し値段ははりますが、敏感肌にはそれだけの価値はあると実感しています。

 

肌のピリピリ感、かゆみ、炎症などもすべて改善され、手放せなくなってしまいました。

 

乾燥肌でかつ敏感肌の人でも安心して使える高機能なスキンケア用品なのでおすすめです。

 

 

 

30代になって肌トラブルが起きるといろいろなスキンケアを探し、たくさんの種類が配合されているものを選びがちですが、なるべく添加物も少ないシンプルなスキンケアが30代からの敏感肌を守ってくれるのかもしれません。

 

添加物の多いスキンケア用品は敏感肌には不向きなので、成分確認は大切です。

 

 

 

敏感肌の予防、対策はアンチエイジングにもつながるので、朝、晩二回、毎日続けています。