ほうれい線についての悩み

ほうれい線が目立つようになると疲れた顔に見える・・・

 

10代や20代の若い頃は、ほうれい線のことなんて気にしたこともありませんでした。しかし、30歳になった今、鏡を見るたびに気になる口周りのほうれい線。

 

気にすれば気にするほど、目立つような気がしてなりません。

 

くっきり浮かび上がるこのほうれい線のせいで、周りの友人達からは、「最近疲れてるの?」「なんだか痩せた?というか、やつれた?」と言われるようになってしまいました。
このほうれい線を何とか目立たないようにするために、今までのスキンケア用品よりいい物を使ってみたり、お値段の張るファンデーションを使ってみたり、コロコロ顔周りのマッサージをしてみたり、美顔器を試してみたり、思いつくことは何でもやってみました。

 

しかし、どれもこれも、残念ながらあまり効果を感じることができませんでした。

 

来年の4月には、娘の幼稚園入園が控えており、家族写真を撮影する予定です。

 

何とかそれまでに、このほうれい線を何とかしてたいのです。本当に、鏡を見るたびに憂鬱な気分になってしまいます。

 

最近朝夕の冷え込みが強くなり、顔のしわには乾燥がよくないと聞いたので、最近は加湿器も使うようになりました。

 

そんな時、いつものようにほうれい線対策をインターネットで検索していたのですが、肌の問題だけではなく、噛み合わせも関わっているということを初めて知りました。

 

考えてみると私は、歯並びも悪く、食事をする時など、片方の顎で噛む癖がついているのです。

 

ちょうど今月かかりつけの歯医者で定期健診があったので、思い切って歯医者さんに、ほうれい線と噛み合わせや歯並びの関係について、質問してみました。

 

すると、先生が仰るには、やはり両者の関係は否定できないということ、口周りのしわをこれ以上目立たないようにするために、両方の顎を注意してバランスよく使って、食事をすることなどのアドバイスをいただきました。

 

すぐには効果は現れないと思いますが、毎日気をつけて生活をしています。

 

気になりだすと止まらない性格なので、最近では友人とおしゃべりする時なども、ついつい他人のほうれい線チェックをしてしまいます。

 

みんなとてもきれいな口周りで、一体どのようなケアをしているのか、本当に不思議です。

 

ほうれい線の目立ち具合で、若く見えたり、反対に老けて見えたりしてしまうので、若々しい友人達のように、何とかほうれい線を目立たなくするための戦いを、これからも続けていくつもりです。長い戦いになりそうですが、頑張ります。